【WordPress】カスタム投稿タイプが作れるプラグイン【Custom Post Type UI】

WordPress
スポンサーリンク

WordPressは通常の固定ページや投稿ページとは別に、自分でカスタマイズした投稿タイプを作ることができる「カスタム投稿タイプ」というものを使うことができます。

例えばWordPressを使って、通常の投稿とは別に「取材に行ったお店の紹介ページ等を作りたい」という時などに、この「カスタム投稿タイプ」は役に立ちます。

今回は、この「カスタム投稿タイプ」の実装についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

カスタム投稿タイプとは

カスタム投稿タイプは、「投稿」や「ページ」と同じ様な感じでオリジナルの投稿タイプを追加できる機能のことです。
通常の投稿とは違う形で作れるので覚えておいてそんは無いはずです(๑•̀ㅂ•́)و✧

実装方法

カスタム投稿タイプの実装には、function.phpに色々書き込んで実装するやり方と、プラグインを使ってちょちょいと実装する方法があるみたいです。

今回はプラグインを使って簡単に実装しようと思います。

カスタム投稿タイプの実装には「Custom Post Type UI」というプラグインが便利です。
この記事では「Custom Post Type UI」を使ってカスタム投稿タイプを実装していきます。

プラグインのインストール

まずはプラグイン「Custom Post Type UI」をインストールします。

WordPressのダッシュボードにある「プラグイン」項目の「新規追加」をクリック。

プラグインの検索バーに「Custom Post Type UI」と入力して検索をしてください。

インストールが完了し「有効化」をするとダッシュボードメニューに「CPT UI」という項目が追加されています。

「CPT UI」が追加されていればインストールは完了です。

Custom Post Type UIの使い方

「Custom Post Type UI」でカスタム投稿タイプを作っていきます。

「投稿タイプの追加と編集」をクリックしてください。

・「投稿タイプの追加と編集」をクリックすると↓のような画面に切り替わります。

この項目に沿って入力をしていけば簡単にカスタム投稿タイプが実装できます。
入力項目が沢山ありますが「基本設定」の項目だけ入力すればカスタム投稿タイプは使えるようになってます。

ただ「追加ラベル」と「設定」も入力していけば、より細かく設定をすることができます。

基本設定の項目について

基本設定の項目についてご説明します。

投稿タイプスラッグ 半角英数字で20文字まで!
URL等に使う投稿タイプのスラッグ名です。
複数形のラベル 管理画面に表示されているメニュー名になります。
投稿タイプスラッグ 「複数形のラベル」と同じでOK
使われている場所は不明です、、、。

追加ラベルの項目について

追加ラベルの項目についてご説明します。

「追加ラベル」に関しては設定しておけばカスタム投稿タイプが使いやすくなります。

ただ設定しなくても特に問題無いかと思います。

「設定しないと気になっちゃう!」という方であれば、説明に沿って各項目を設定していけばOKです。

設定の項目について

設定の項目についてご説明します。

一般公開 「True」にしないと公開されないです。
一般公開クエリー可 「True」でOKです。
UI を表示 「True」でOKです。
ナビゲーションメニューに表示 「True」でOKです。
REST API で表示 WP REST APIでこの投稿タイプを表示する場合は「True」を選択。
REST API ベーススラッグ ↑が「True」の場合、使用するスラッグを入力
REST API controller class WP_REST_Posts_Controllerの代わりに使用するカスタムコントローラー。
アーカイブあり 他の投稿の様にアーカイブが必要なら「True」を選択。
検索から除外 サイト内検索で、この投稿タイプを含めるかどうか。
権限タイプ 「post」のままでOK。
階層 固定ページみたいな親子関係が必要な場合は「True」。
必要ないなら「False」。
リライト 「True」でOKです。
カスタムリライトスラッグ 入力しないでOKです。
フロントでのリライト 「True」でOKです。
クエリー変数 「True」でOKです。
カスタムクエリー変数スラッグ 入力しないでOKです。
メニューの位置 「5」と入力すれば投稿の下に表示されます。
数字を大きくしていくと下の方に表示されます。
メニューに表示 「True」でOKです。
メニューアイコン 設定したいアイコンがあれば設定
サポート 投稿タイプで使用したいサポート。
一番下の「なし」以外全部チェックしたら通常の投稿と同じ画面になるはずです。
カスタム「サポート」 カスタム「サポート」のスラッグとして登録したい値があれば入力。
利用するタクソノミー 利用したいタクソノミーにチェック。

使ってみる

↓みたいな感じで作ってみました。

「メニューの位置」を5に設定すると↓みたいな感じでカスタム投稿タイプが実装されます。

まとめ

「投稿タイプの追加と編集」から、いくらでもカスタム投稿タイプが作れます。

プラグインを使うやり方ですが、便利だと思います。

タイトルとURLをコピーしました