【MACユーザー】MAMPでローカル環境をつくる【集まれ〜】

Program
スポンサーリンク

ローカル環境を作る時に便利なMAMPをインストールしてみようと思う。
今はまだ、WordPressで色々やる程度だが、今後は自分で色々とWebサービスを作ろうと思っているからだ。
それにはローカル環境でPHPなどを動かせる環境が必要になるので早めにやっておこうと思ったからだ。

ローカル環境といえば「Doker 」が有名だと思うが、私には少々難しくハードルが高かったので、比較的簡単にできるという「MAMP」を使って仮想環境を構築しようと思う。

スポンサーリンク

MAMPってなに??

MAMPとは、MacにApache、MySQL、PHPの環境をインストールすることができるアプリケーションらしい。MAMPの名前は、Mac、Apache、MySQL、PHPの頭文字をつなげたものみたいです。
Macを使ってる人はMAMPですね。
Windowsを使ってる人はXAMPPになるそうです。

MAMPをインストールする

早速、MAMPのインストール方法に移ります。
まずはMAMPの公式サイトにアクセスします。

アクセスすると↓の様な画面になります。枠の「 Free Download」をクリックしてください。

Free Download」をクリックすると↓の画面に切り替わります。枠の部分をクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、↓の様なウインドウが出てきます。「続ける」をクリックでOKです。

【大切な情報】
英語なんでドキッとしますが「フォルダMAMPとアプリケーションMAMP PROをApplicationsディレクトリにインストールします。フォルダMAMPを移動したり名前変更しないでください。」「インストーラが既存のインストールを検出した場合、/ Applications / MAMP / htdocsおよび/ Applications / MAMP / conf / sslのデータを保存し、既存のデータベースを新しいインストールにコピーして古いMAMPフォルダの名前を変更します。」と書いてあります。「続ける」をクリックでOKです。

【使用承諾契約】
ライセンスについて書いてあります。「続ける」でOKです。

「続ける」をクリックすると↓の画像みたいなウィンドウがでてくるので「同意する」をクリックします。

【インストールの種類】
ここでは「続ける」をクリックせずに、一旦「カスタマイズ」をクリックします。

↓の画像の様に「MAMP PRO」のチェックを外します
外すことでMAMP PROをインストールしない様にします。

あとは「インストール」をクリックすればインストールができます。


これでMAMPのインストールが終わりました。
次はMAMPの設定を行います。

MAMPの設定をする

インストールしたMAMPの設定をします。
「Finder」→「アプリケーション」に進み灰色のゾウさんが描かれたMAMPというファイルを探してください。↓の画像見たいな奴です。

フォルダの中に入ったら、↓の画像の赤丸のやつをクリックしてMAMPを起動します。

MAMPを起動したらMacの画面の左上に↓の画像見たいなメニューが出てますので「MAMP」→「Preferences」をクリックします。

「General」の項目にある「Start servers」にチェックを付けておくと起動時に自動でWebサーバーとデータベースを立ち上げてくれます。
また終了時には自動でサーバーを落としてくれるので便利です!

OKボタンで設定を反映させます。

↓画像の赤枠の部分をクリックすればサーバーが立ち上がります。

上手くいってればサーバーが立ち上がり↓のような画面が立ち上がります。

これでMAMPのインストールは完璧です。

まとめ

MAMPのインストールと設定を行いました。
MAMPは色々と使い道がありそうですので、WordPressのローカル環境とかも作れるので余裕があればインストールしといて損はなさそうです。

タイトルとURLをコピーしました